Webサーバ防御(WAF)

一覧に戻る

Webサーバ防御(WAF)ソリューション

Webアプリケーション特有の脆弱性を検知しシステムを保護

Webサーバ防御(WAF)とは

WAF(Web Application Firewall)とは、Webアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃からWebサイトを保護するセキュリティ対策です。WAFを導入することでWebアプリケーションを保護することに有効で、改ざんや不正アクセスによる情報漏えいを防ぎます。

Webサーバ防御(WAF)とは

WAFソリューション概要

新日鉄住金ソリューションズでは、WAFのデファクトスタンダードImperva社のSecureSphereシリーズの運用監視/セキュリティ運用支援サービスを提供します。日々発生する様々なアラートを分別、解析し、必要なアクションを提示します。クラウド型WAF" Incapsula" も提供可能です。

WAFソリューション概要

こんな方にオススメ!

課題 解決
  • ファイアウォールやIPSを擦り抜けるようなWebアプリケーション特有の脆弱性を狙った攻撃を防御したい
  • 自社のWebサイトが踏み台サーバとして乗っ取られないよう対策したい
  • オンプレ型でWebアプリケーションファイアウォールを導入したい
  • 独自の検知エンジンや専門機関による脅威情報(TreatRadar)により、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなどのWebアプリケーションに特化したさまざまな攻撃を検知・ブロック
  • 既存環境や要件に合わせてインラインモード、スニファーモード、プロキシモードより柔軟に導入形態を選択可能
NSSEINTカタログ

NSSEINTカタログ

新日鉄住金ソリューションズの包括的なセキュリティソリューションおよびサービスをご説明するカタログをご用意いたしました。NSSEINTで何が解決できるの?どのようなメリットがあるの?サービスの詳細は?という疑問に回答するカタログです。ぜひこの機会にご確認ください。

ダウンロード

NSSEINTやセキュリティ製品やサービスに関するお問い合わせ

NSSEINTやセキュリティ製品導入前のご相談やお見積り依頼、デモ依頼などお気軽にご連絡ください。また、脆弱性診断やSOCサービスなどに関するご相談も承ります。

お問い合わせ