標的型攻撃対策

一覧に戻る

標的型攻撃対策ソリューション

高度化・巧妙化する企業や個人に向けた標的型攻撃を高度なシステムで保護

標的型攻撃とは

標的型攻撃とは、対象となる企業や組織のメンバー宛に電子メールなどを通じてコンピュータウィルスなどを送ることで開始されるサイバー攻撃です。企業ネットワークで動作したコンピュータウィルスを利用して情報を窃取したり外部から操ったりする攻撃で、持続的に潜伏して行われる標的型攻撃はAPT攻撃(Advanced Persistent Threat)と呼ばれている。

標的型攻撃とは

標的型攻撃対策ソリューション概要

標的型攻撃対策製品FireEye社 NXシリーズ,EXシリーズやトレンドマイロ DDIシリーズの運用監視/セキュリティ支援をご提供します。機器の死活監視や性能監視、検知したマルウェア解析結果の報告、対応策の提示などが含まれます。新日鉄住金ソリューションズでは、製品のご提供から設置、運用までをしっかりとサポートしています。

※ DDI=Deep Discovery Inspector

標的型攻撃対策ソリューション概要

こんな方にオススメ!

課題 解決
  • 標的型攻撃対策を導入したい
  • メールに添付されたマルウェアやWeb閲覧の際の疑わしいWebオブジェクトを分析して検知・ブロックしたい
  • 導入後のセキュリティ運用も含めてサポートしてほしい
  • ポリシーやシグネチャ・ベースのファイアウォール、IPS、アンチウィルス機器、そしてWebゲートウェイが検知できなかった「ゼロディ攻撃」を検知・防御
  • 運用支援としてFireEyeやDDIで検知したイベントの分析~対応方法の提示までサービス提供
NSSEINTカタログ

NSSEINTカタログ

新日鉄住金ソリューションズの包括的なセキュリティソリューションおよびサービスをご説明するカタログをご用意いたしました。NSSEINTで何が解決できるの?どのようなメリットがあるの?サービスの詳細は?という疑問に回答するカタログです。ぜひこの機会にご確認ください。

ダウンロード

NSSEINTやセキュリティ製品やサービスに関するお問い合わせ

NSSEINTやセキュリティ製品導入前のご相談やお見積り依頼、デモ依頼などお気軽にご連絡ください。また、脆弱性診断やSOCサービスなどに関するご相談も承ります。

お問い合わせ