• クライアント仮想化ソリューション「M³DaaS@absonne」におけるエンドポイント向け標的型攻撃対策サービスを強化

    2016.03.22

    最新情報

    新日鉄住金ソリューションズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:謝敷宗敬、以下、新日鉄住金ソリューションズ)は、クライアント仮想化ソリューションM³DaaS(エムキューブダース)@absonne(アブソンヌ)に、標的型攻撃対策として、パロアルトネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:アリイ ヒロシ、以下パロアルトネットワークス)のアドバンストエンドポイントプロテクション製品Trapsを採用し、セキュリティへの取り組みを強化します。これにより従来のセキュリティ対策に加えて、未知のマルウェアに対する検知・防御能力を高め、ますます高度化する標的型攻撃への対策としてのサービスメニューを拡充します。

    昨今、企業の内部犯行者による情報漏洩だけでなく、標的型攻撃やゼロデイ攻撃等の外部からの攻撃、マルウェア感染による端末不正操作等、企業を取り巻くセキュリティリスクは増大しています。情報セキュリティ事故の発生は、企業の機密情報の流出、さらには多額の損害賠償、ブランドイメージの失墜など、企業の競争力や企業価値、事業継続性が大きく損なわれる事態に発展します。企業にとってセキュリティ対策を強化し、高度化・悪質化する標的型攻撃への備えを万全にすることは急務です。しかしながら、近年の標的型攻撃の主流は未知のマルウェアによるものであり、従来のパターンマッチングによるウイルス検知といった手法では、防御することができません。

    クライアント端末(エンドポイント)は、盗難・紛失の可能性や、標的型攻撃やゼロデイ攻撃等に代表される未知の脅威のターゲットになりやすいことから、セキュリティリスクの高い領域です。新日鉄住金ソリューションズが提供するM³DaaS@absonneは、クライアント端末にデータを保持しないため、PCの紛失・盗難による情報流出からデータを守ることが可能です。これに加えて、未知の脅威への対策を考えている顧客ニーズに応えるべく、最新のエンドポイントセキュリティ製品を複数比較・実機検証しました。その検証結果に基づき、攻撃者が使う手法を特定・ブロックする機能を持ち(振る舞い検知)、さらにはリソース消費の少なさからクライアント仮想化環境と相性のよいパロアルトネットワークス社のアドバンストエンドポイントプロテクション製品Trapsを採用しました。M³DaaS@absonneの拡張サービスとしてより強固な標的型攻撃対策サービスを提供します。さらに、新日鉄住金ソリューションズが提供しているセキュリティ運用支援サービス"NSSEINT(エヌエスセイント)"と併用することで、より万全なセキュリティ運用のPDCAサイクルを構築することが可能です。

    新日鉄住金ソリューションズは、より「安全、安心」なクライアント環境の提供を通じて、お客様の企業価値や事業継続性の維持に貢献してまいります。

    以上

    【エンドースメント】

    近年サイバー攻撃は、組織の信頼を脅かす複雑かつ長期的な問題になっています。この課題に応えるためには、従来のシステムやネットワークに繋がらないセキュリティ製品を再構築し、次世代セキュリティプラットフォームへ移行することが求められます。新日鉄住金ソリューションズ様が、M³DaaS@absonneのエクスプロイトやマルウェア攻撃からの包括的な防御のために、攻撃を成功させる前に未然に防ぐよう設計されたTrapsを採用されたことを嬉しく思います。

    パロアルトネットワークス株式会社 代表取締役会長兼社長 アリイ ヒロシ

    【参考】

    1. M³DaaS@absonneにおける標的型攻撃対策

    クライアント仮想化ソリューションM³DaaS@absonneでは、従来のウイルス対策に加え、標的型攻撃対策のための以下のメニューを提供します。

    1. (1) 振る舞い検知型
      システム内部のプログラムの挙動を常時監視し、正規プログラムにはない不審な挙動を発見、阻止することで、未知の脅威による攻撃を防ぎます。
    2. (2) WEB分離型
      インターネットとの通信を担うアプリケーションと重要情報を扱う業務アプリケーションをネットワークで分離し、相互に通信できない状態にすることで、マルウェア感染から保護し、情報漏洩を防ぎます。

    2. NSSEINT(エヌエスセイント)について

    1. (1) 新日鉄住金ソリューションズが提供する包括的セキュリティソリュ-ション&サービスの総称で、アセスメント、セキュリティシステムの構築、セキュリティ運用の三位一体のサービスを提供します。
    2. (2) 独自のインシデント分析・管理システムを用い、検知=>防御=>対処行動=>原状回復までの一連のプロセスをワンストップでサポートします。(SOC支援サービス)。
    3. (3) お客様のセキュリティ運用におけるPDCAサイクル構築をサポートし、常に強固なインフラ基盤を提供します。

    3. パロアルトネットワークス社「Traps」について

    Trapsの主な機能は以下の通りです。

    1. (1) シグネチャ・ファイルスキャン、行動検知に頼らないゼロデイ脆弱性への攻撃を含むエクスプロイトを攻撃実行前に防御
    2. (2) 脅威インテリジェンスクラウドWildFireと連動し、マルウェアの実行を防ぐと同時に被害の拡大を防御
    3. (3) 柔軟で拡張性のある管理機能により、企業の実務環境に対応
    4. (4) 攻撃を受けた際に分析に必要なデータ(フォレンジックデータ)を収集・保管
    5. (5) 定期的なシステムスキャンやパターンファイル更新が不要
    6. (6) 未知・既知を含むマルウェアの実行を防御

    さらに、Trapsは、従来手法とは異なりファイルスキャンを必要としないため、CPU/メモリ/ディスクのリソース消費を最小限に抑え、性能への影響が小さくてすむという点が他社製品にないユニークな特長を持ちます。

    • NS Solutions、NS(ロゴ)、absonne、NSSEINT、NSSEINT(ロゴ)は、新日鉄住金ソリューションズ株式会社の登録商標です。
    • 本文中の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

    【本件に関するお問い合わせ先】

    新日鉄住金ソリューションズ株式会社
    ITインフラソリューション事業本部 営業本部 マーケティング部
    TEL:0120-42-1255
    メールでお問い合わせ

    【報道関係お問い合わせ先】

    新日鉄住金ソリューションズ株式会社
    総務部 広報・IR室 鹿島
    TEL:03-5117-5532
    メールでお問い合わせ