• VMware vCloud Air と連携した システム構築・運用サービスを提供開始 〜企業がシステムに最適なクラウドを選択するためのサービスを拡充〜

    2015.10.01

    最新情報

    新日鉄住金ソリューションズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:謝敷 宗敬、以下 新日鉄住金ソリューションズ)は、お客様がシステムに最適なインフラ環境を選択できるよう、自社で提供しているマネージド・クラウドサービス「absonne(アブソンヌ)」を含めた複数のクラウド環境を連携させた構築・運用サービスを拡充しています。本日その一環として、VMware社が提供するクラウドサービスVMware vCloud Air(以下、vCloud Air)を新たな連携先に加え、absonneとvCloud Airによるハイブリッド環境の提供を開始致しました。

    absonneとvCloud Airを、インフラとしてのお互いの特長を活かし、構築から運用までワンストップで提供することにより、多様化するITシステムの効率を高め、企業の成長スピードに合わせたITインフラをご提案します。

    昨今様々なクラウドサービスが登場し、ITインフラの選択肢が多様化しています。新日鉄住金ソリューションズは、企業におけるシステム要件と各種クラウドサービスの特性を理解したうえで、「最適な環境を使い分けるハイブリッド環境の実現」と「一元的な運用管理の提供」が今後の企業成長にとって必要であると考えております。

    新日鉄住金ソリューションズが提供するabsonne は、オンプレミスと変わらない「信頼性」や「カスタマイズ性」を強みに、多くの大手企業で基幹システムのクラウド化を実現、煩雑な保守運用業務からIT部門を解放しています。一方vCloud Airは、アジリティやスケーラビリティに特長を持つクラウドサービスとして、最適な規模から利用することができます。また両社のクラウドは、absonneがVMwareの仮想化技術を採用していること、優れたネットワーク接続性を持つことなど親和性も高く、absonneの更なるサービス拡張を容易にしています。

    これまでも新日鉄住金ソリューションズはアマゾン ウェブ サービス(AWS)やIDCFクラウドなど外部のクラウドサービスとabsonneを連携させるサービスを提供してきました。今後もこれまでSIerとして培ってきた大規模システムの構築・運用ノウハウを活かし、お客様に「最適なインフラ環境」や、「運用管理の一括サービス」を提供することで、企業の高度なニーズに対応した統合的なインフラを実現してまいります。

    以上

    【参考】

    マネージド・クラウドサービス「absonne Enterprise Cloud Service」について

    多くの企業で導入の進むクラウドサービスですが、信頼性・可用性の問題から、特に日本企業では情報系システムを中心とした利用にとどまっており、コスト削減効果も限定的でした。
    新日鉄住金ソリューションズでは、この課題に対応するため、2007年より基幹システムのインフラに活用可能なクラウドサービスによるITインフラサービスabsonneをスタートしました。Oracle E-Business SuiteやSAPなどの大規模ERPや独自アプリケーションへの活用など既に、多くの実績を積み重ね、クラウドサービスとして企業のミッションクリティカルシステムのTCO削減に貢献しています。

    • NS Solutions、NSロゴ及び、absonneは、新日鉄住金ソリューションズ株式会社の登録商標です。
    • 本文中の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

    【本件に関するお問い合わせ先】

    新日鉄住金ソリューションズ株式会社
    ITインフラソリューション事業本部 営業本部 マーケティング部
    TEL:0120-42-1255
    メールでお問い合わせ

    【報道関係お問い合わせ先】

    新日鉄住金ソリューションズ株式会社
    総務部 広報・IR室 鹿島
    TEL:03-5117-5532
    メールでお問い合わせ