導入事例:ジェイアール東日本コンサルタンツ株式会社様

輸送品質とサービスの一層の向上へ
JR東日本向けタブレットシステムを開発

導入事例:ジェイアール東日本コンサルタンツ株式会社様

導入前の課題

JR東日本が構築するタブレットシステムの開発業務を受託して、変更時刻表の送付などに活用することで、輸送品質やサービスの一層の向上を支援する。配備するタブレットのセキュリティ強化や運用効率化が不可欠になった。

選定ポイント

新日鉄住金ソリューションズの協力により、「MobileIron」を活用したMDMシステムを短期間で構築。タブレットの盗難・紛失時も遠隔的にデータを消去してセキュリティを確保し、端末設定などの運用業務を効率化する。

導入効果

システム開発中に行った現場の実証実験で輸送障害発生時の運転再開時間短縮などの成果を確認。2013年度中にJR東日本が全乗務員区所93カ所に約7000台のタブレットを配備し、全乗務員が携行する計画である。

事例の詳細はダウンロードしてご覧いただけます。