社員のスマホやタブレットを業務端末として活用したい

一覧に戻る

日本の企業でも、"BYOD(Bring Your Own Device)"の導入が進んでいます。しかし、個人の端末の管理や情報漏洩の危険性など、セキュリティの問題から、BYOD導入に慎重な企業も多いようです。BYODによる業務の効率化とセキュリティ、この2つの課題の解決策を解説します。

社員のスマホやタブレットを業務活用したいが、端末の紛失による情報漏洩が心配

社員のスマホやタブレットを業務活用したいが、端末の紛失による情報漏洩が心配

MDM(モバイルデバイス管理)ツールで管理しているが、自社での対応がもう限界

MDM(モバイルデバイス管理)ツールで管理しているが、自社での対応がもう限界

端末だけでなく、アプリケーションや利用されるコンテンツの管理も徹底したい

端末だけでなく、アプリケーションや利用されるコンテンツの管理も徹底したい

日本企業の54.8%が "BYOD"の導入を容認

日本企業の54.8%がスマートフォンやタブレット端末の業務利用"BYOD"を容認しています(※)。しかし、セキュリティ面のリスクを危惧し、導入を躊躇する企業も少なくありません。いざ導入してみると、どの端末・どのアプリケーションの利用を許可するのか、データの保存はどうする、といった導入負荷を情報システム部門に強いることにもあるのです。
※JSSEC「第二回スマートフォン企業利用実態調査報告書」より(2014年8月12日)

MDMツールを使った自社での"BYOD"管理には限界が

"BYOD"のセキュアな運用を支援するのが、MDM(モバイルデバイス管理)ツールです。端末の紛失時、端末内のデータをリモートで消去する機能などを備えています。しかし、このMDMツールを使い、自社だけで"BYOD"を管理するのは困難です。モバイル端末の台数は非常に多く、OSやアブリは頻繁にバージョンアップ。また、ユーザごとに利用するアプリやデータが多種多様といったことが、自社での管理を難しくしています。"BYOD"の活用が進めば進むほど、自社での運用管理はお手上げになり、情報漏洩のリスクも高まってしまいます。

MDMツールを使った自社でのBYOD管理には限界が

MDMツールだけの管理は、利用機能を限定!"BYOD"のメリットは半減

"BYOD"を導入しながら、利用機能をインターネット閲覧やWebブラウザ上のメールやスケジュール管理に限定する企業もあります。運用管理は楽になりますが、業務効率や生産性の向上といった"BYOD"本来のメリットが得られません。その実現には、端末・アプリ・利用するコンテンツのセキュリティを確保しながら、「いつでも・どこでも・どの端末でも」、オフィスと同じ業務アプリとデータが利用できる環境を用意する必要があります。

MDMツールだけの管理は、利用機能を限定!BYODのメリットは半減

"BYOD"の管理負荷を軽減!メリットを最大化するモバイルデバイスマネジメントサービス

進化を続けるモバイル端末、そして業務アブリの活用や社内システムとの連携といった多様化するユーザニーズに応えるため、NSSOLは統合的なモバイルデバイスマネジメントサービスを提供しています。機能面では、端末管理(MDM)、利用するアプリケーション管理(MAM)、コンテンツ管理(MCM)の3つの機能を統合したEMM(Enterprise Mobility Management)を提供。運用面では、NSSOLの豊富な経験と技術力を活かしたセキュアで効率的なアプリ管理をお客様に代わって実施。そして、これらのワンストップサービスは、信頼性・運用性・可用性の高いNSSOLのクラウド基盤上で運用されます。

BYODの管理負荷を軽減!メリットを最大化するモバイルデバイスマネジメントサービス

"BYOD"のスムーズな導入とセキュアな運用を実現

  • 端末状況の把握や紛失時の対応、セキュリティが1つになったワンストップサービス
  • いつでも・どこでも、スマホやタブレットで業務に必要なアプリが利用できる

様々な業務・ワークスタイルに対応したモバイル活用を実現

  • いつでも・どこでも、スマホやタブレットで業務に必要なアプリが利用できる
  • ユーザごとに異なる利用アプリやデータへの要望にも柔軟に対応

"BYOD"管理の負荷を大幅軽減!安心のモバイル活用が可能に

  • ユーザの増減、技術進化といった変化に応じた管理とセキュリティを維持できる
M³DaaS@absonne カタログ

M³DaaS@absonne カタログ

M³DaaS@absonneの詳細をご説明するカタログをご用意いたしました。M³DaaS@absonneで何が解決できるの?どのようなメリットがあるの?サービスの詳細は?という疑問に回答するカタログです。ぜひこの機会にご確認ください。

ダウンロード

M³DaaSや仮想デスクトップに関するお問い合わせ

M³DaaSや仮想デスクトップ導入前のご相談やお見積り依頼、デモ依頼などお気軽にご連絡ください。
また、MDMやシンクライアント、クラウドファイル共有、標的型攻撃対策などに関するご相談も承ります。

お問い合わせ