海外拠点へのPCの展開と運用の負荷を軽減したい

一覧に戻る

日本企業の海外進出が増え続けています。事業のグローバル化への対応、人材の確保、生産コスト削減など、その目的は様々ですが、どのケースにも共通する課題に挙げられるのが、拠点へのPCの展開と運用管理の負荷、そしてセキュリティ対策です。

海外拠点で使用するPCの準備や運用管理に時間と手間、コストがかかり過ぎる

海外拠点で使用するPCの準備や運用管理に時間と手間、コストがかかり過ぎる

現地採用の従業員に、日本企業と同様のセキュリティポリシーを徹底させづらい

現地採用の従業員に、日本企業と同様のセキュリティポリシーを徹底させづらい

万が一、海外拠点のPCがウイルスに感染すると、日本の拠点にも被害が及ぶ恐れがある

万が一、海外拠点のPCがウイルスに感染すると、日本の拠点にも被害が及ぶ恐れがある

業務に必要な海外拠点のPCの運用管理が大きな負担

2013年度末における日本企業の現地法人数は2万3927社 (※)で、年々増加を続けています。そんな海外事業の展開で大きな問題になっているのが、現地のPCに関する運用管理です。拠点で使用するPCのキッティング(業務に必要なOS/アプリのインストールなど)や保守メンテナンスなどは日本で行うことは困難です。また、OSの言語や利用ソフトが日本と異なるケースが多く、キッティング作業や運用管理のため、日本から情報システム部門のスタッフが現地へ赴くケースも多いようです。こうした作業に費やす時間と情報システム部門の負荷は、スピーディな海外事業の展開を難しくしています。
※出典: 「第44回海外事業活動基本調査結果概要」(経済産業省)

日本企業の海外現地法人数の推移

日本企業の海外現地法人数の推移

※出典: 「海外事業活動基本調査結果概要」の統計表
(第39回〜第44回)(経済産業省)
を加工して作成

文化や意識の違いが情報漏洩を引き起こすセキュリティリスク

海外拠点のPCのセキュリティ管理も大きな課題です。OSやアプリのパッチ適用やセキュリティソフトのバージョンアップなどを、遠く離れた日本で確認・指導するのは困難です。さらに、文化や意識、言語の違いから、海外スタッフに日本のセキュリティポリシーを徹底しづらいという問題もあります。こうした不十分なセキュリティ管理が、重要な情報の漏洩やウイルス感染を招く恐れがあり、ネットワークを通じ、ウイルス被害が全社に拡大という事態を招いてしまいます。

文化や意識の違いが情報漏洩を引き起こすセキュリティリスク

海外拠点のPC管理や運用の課題を仮想デスクトップで解決

仮想デスクトップとは、仮想化技術によってPCのデスクトップ環境をサーバ上に構築し、いつでも・どこでも、どんな端末からでもネットワーク経由で利用できるソリューションです。クラウドサービスやお客様のデータセンターに仮想デスクトップ環境を用意すれば、海外拠点のPC環境の構築・運用、保守メンテナンスなども一元的に行えます。また、データは国内にあり、端末にデータが残らないのでセキュリティ面も安心です。当社では、クラウド型の仮想デスクトップサービス「M³DaaS@absonne」お客様のシステム環境に仮想デスクトップ環境を構築するサービス(VDI)、安価なシンクライアント端末をご提供しています。

海外拠点のPC管理や運用の課題を仮想デスクトップで解決

迅速な拠点展開と効率的な運用管理が可能に

  • 拠点に出向き、拠点ごとにPC環境を構築・運用管理する必要なし
  • PCは現地で調達、必要なデスクトップ環境を国内から"提供"
  • OSやアプリにトラブルが発生しても、日本のサーバ側で迅速に対応

情報漏洩リスクを排除、日本と同様のセキュリティを実現

  • PCにデータが残らず、万が一、紛失や盗難に遭っても情報漏洩を防御
  • PCのセキュリティ対策はサーバに集約されたデスクトップ環境で一元管理
M³DaaS@absonne カタログ

M³DaaS@absonne カタログ

M³DaaS@absonneの詳細をご説明するカタログをご用意いたしました。M³DaaS@absonneで何が解決できるの?どのようなメリットがあるの?サービスの詳細は?という疑問に回答するカタログです。ぜひこの機会にご確認ください。

ダウンロード

M³DaaSや仮想デスクトップに関するお問い合わせ

M³DaaSや仮想デスクトップ導入前のご相談やお見積り依頼、デモ依頼などお気軽にご連絡ください。
また、MDMやシンクライアント、クラウドファイル共有、標的型攻撃対策などに関するご相談も承ります。

お問い合わせ