シンクライアント

一覧に戻る

シンクライアント Chromebooks for Work

M³DaaS@absonneとの組み合わせで仮想デスクトップ環境を強化

シンクライアント Chromebooks for Work サービス概要

Google™のChrome OS搭載PC「Chromebook」を端末として利用するシンクライアント・ソリューションです。ファットPCとシンクラ専用端末の中間に位置する「Chromebook」は、専用端末と違い用途やシーンに柔軟性があり、なにより安価なのが魅力。専用端末が高すぎる!オフラインで使えない!などの理由から、シンクライアント導入に踏み切れない企業にオススメです。

「Chromebook」を一元管理するためのクラウド型管理コンソール「Chrome Management Console(以下CMC)」も提供しており、ポリシーに合わせたきめ細かな設定が可能です。

シンクライアント Chromebooks for Work サービス概要

サービスの特長

低コスト

低コスト:Chromebookの価格は3万円前後

外観は完全にノートPCの「Chromebook」ですが、その価格は安価なタブレットに匹敵する3万円前後。「CMC」の約2万円を合わせても約5万円と、WindowsノートPCのエントリーモデル以下のコストで導入できます。

展開作業を効率化

展開作業を効率化:面倒なキッティング作業から解放

配布前にセキュリティ対策などキッティング作業が欠かせないWindows PCに対し、「CMC」の管理コンソールですべての端末を一元的に設定管理できる「Chromebook」では、1台1台のキッティング作業が不要。箱から出してそのまま利用できます。

簡単導入

簡単導入:コレは嬉しい!オフラインでも使えます

「Chromebook」では文書などのデータを、オンラインストレージサービスと組み合わせることで、電源オンの間は作業中の文書データなどを内蔵ドライブに一時的に保存でき、ネットワーク接続できない環境で作業を続けたりプレゼンしたり...が可能です。

一元管理

一元管理:「CMC」で端末をきめ細かく設定管理&MDM機能も

クラウドで提供される管理コンソール「CMC」は、組織全体あるいは部門の「Chromebook」に対するネットワークのアクセス設定やChromeアプリ/拡張機能のプレインストールなどのほか、いわゆるMDM機能も提供します。

M³DaaS@absonneとの組み合わせで真価を発揮

これまでWindows PCを利用してきた企業にとって、Chrome OSを搭載する「Chromebook」は、既存のアプリケーションや業務システムとの親和性が導入障壁となります。この問題も、ネットワークに接続さえできればOSを問わない仮想デスクトップ環境の端末として利用することで解決できます。ファットPCに比べ断然安価で、端末にデータを残さない分情報セキュリティも強化できる...など、そのメリットが存分に発揮されます。是非「M³DaaS@absonne」導入時の端末として併せてご検討下さい。

オプションサービス

CMCコンサルティングサービス

200項目以上を適切に設定する自信がない...という企業のために、個別のセキュリティポリシーに準じた推奨設定のご提案や端末とユーザの紐付けなどの作業を支援します。

M³DaaS@absonne カタログ

M³DaaS@absonne カタログ

M³DaaS@absonneの詳細をご説明するカタログをご用意いたしました。M³DaaS@absonneで何が解決できるの?どのようなメリットがあるの?サービスの詳細は?という疑問に回答するカタログです。ぜひこの機会にご確認ください。

ダウンロード

M³DaaSや仮想デスクトップに関するお問い合わせ

M³DaaSや仮想デスクトップ導入前のご相談やお見積り依頼、デモ依頼などお気軽にご連絡ください。
また、MDMやシンクライアント、クラウドファイル共有、標的型攻撃対策などに関するご相談も承ります。

お問い合わせ