• ノウハウの塊。基幹システムのクラウドへの移行(1)

    2017.03.23

    absonne

    ノウハウの塊。基幹システムのクラウドへの移行(1)

    NSSOLでは、基幹システムを含む様々なシステムのデータセンター移転やクラウド移行を数多く実施しており、基幹システムの移行に関するノウハウを蓄積してきました。今回は、基幹システムのクラウド化の際に発生する「移行」のノウハウをお話します。

    そのまま移行できることが成功の鍵

    基幹システムをクラウド化する場合、既存システムをそのままクラウドへ移行しようと考える企業が多いです。しかし、一般的にクラウドは仕様で構成が決まっており、カスタマイズを行うことが出来ません。そのため、既存システムの構成をクラウドに合わせる必要があり、アプリケーション改修などシステムの構成変更を求められることがあります。

    結果、移行コストがかさみオンプレミスの場合よりもTCOが増加したり、クラウド化に時間がかかり戦略的施策への取り組みがなかなか行えない、といった状況に陥ります。

    そのため、基幹システムをクラウド化する場合は、既存システムに手を加えることなくそのまま移行できるかが成功の鍵となります。

    ネットワーク構成をなるべく変えない!!

    “そのまま移行”するためには何が必要でしょうか?

    私たちは「ネットワーク構成の変更を行わないこと」を重要なポイントと考えています。
    基幹システムは同じネットワークセグメント上に複数のシステムが存在し、かつシステム同士が密接に連携していることがほとんどです。

    この場合、ネットワーク構成を変更してしまうと、アプリケーションへの影響評価、連携先システムとの接続評価など移行前や移行テストのチェック項目が増え、移行コストが増加する要因になります。

    移行は「1日にしてならず」!!

    基幹システムを移行する場合、移行リスクなど様々な観点から段階的な移行をお薦めしています。システム規模によっては一気にクラウド化することも出来なくはありませんが、移行計画の複雑化、停止時間の長期化、移行後の動作確認の煩雑化など、段階的に実施する場合に比べ、移行に伴うリスクははるかに高くなるためです。

    当然、移行期間中は既存環境とクラウド環境の両方が動きます。そのため”ネットワーク構成の変更”を伴わずに”段階的な移行”を行うためには、既存環境とクラウド環境間で同一のネットワークセグメントを保持する必要があります。

    移行は「1日にしてならず」!!

    absonneの「L2ネットワーク延伸機能」でスムーズな移行を実現

    absonneは基幹システムのクラウド化を簡易かつ確実に行うために幾つかの機能を提供しています。その一つがL2ネットワーク延伸機能です。この機能はお客様の既存環境とabsonne間で同一のネットワークセグメントを持つことができ、あたかもabsonneをオンプレミス環境の延長とみなすことができます。IPアドレスの変更やネットワークの再設計を考慮する必要がなくなり、システム単位・サーバ単位で段階的にクラウドへ移行できます。

    absonneの「L2ネットワーク延伸機能」でスムーズな移行を実現

    「L2ネットワーク延伸機能」以外にもかゆいところに手が届く機能

    L2ネットワーク延伸機能以外にも以下の機能を提供しています。既存環境で利用している機能や構成をそのままクラウド上でも利用可能なため、移行が容易に実現できます

    • サーバのネットワークインターフェースの複数所有
    • ファイアウォールを用いたセキュリティゾーンの分割
    • L4/L7レベルの負荷分散機能
    • キャリアフリーの閉域網接続  など

    次回も基幹システムのクラウド移行のノウハウをご紹介

    今回はabsonneが提供している基幹システムのクラウド移行を進める仕組みについてネットワークの側面で紹介しました。次回は別の側面で移行への対応機能についてご紹介します。

    absonneカタログ
  • ノウハウの塊。基幹システムのクラウドへの移行(1)

    ノウハウの塊。基幹システムのクラウドへの移行(1)

    2017.03.23

    absonne

  • 「クラウドに、鋼鉄の信頼を」~ミッションクリティカル・クラウドabsonne~

    「クラウドに、鋼鉄の信頼を」~ミッションクリティカル・クラウドabsonne~

    2017.01.11

    absonne

absonneカタログ