保険

一覧に戻る

お客様とのエンゲージメントを向上させ契約の迅速化や満足度の向上を実現

多くの保険会社は、複数のカスタマイズされたパッケージアプリケーションや手組みのアプリケーションを複雑に織り交ぜながら活用しています。このような状況から脱却を図るためにパッケージアプリケーションへの移行を試みていますが、これにより大量の変更や不確定要素が発生しています。

生命保険や損害保険などの企業は、大規模なパッケージアプリケーションや自社開発のアプリケーションを保有しています。そして、それらは近年モバイル対応やインターネット対応など多様化するチャネルに拡大され顧客接点のチャネルが増えています。AppDynamicsはこの状況の変化に対応するため、アプリケーションのトランザクションとユーザーの可視性への深い理解が必要となる統合と効率的な運用・管理をサポートします。

保険会社を支える多くのアプリケーションは、お客様との契約を迅速化させるために複数のアプリケーションを連結して利用しています。このような業績に直結するシステムの生産性を確保するためには、パフォーマンス、ユーザビリティ、そして可用性が重要です。多くのお客様は比較サイトを経由して移動してきます。つまり、サービス商品にアクセスする前に既に1つの段階を踏んでいるというです。

状態監視

重要なポリシーやクレーム管理システムの稼働状態を瞬時に確認できます。

トラブルシューティング

クレームを管理するトランザクションの1%は、非常に遅いと分類された場合に、これらの問題のあるトランザクションを可視化することができます。

利用

支払い手続きアプリケーション層でリソース消費量がピークに達した場合、このパフォーマンスに影響を与えるボトルネックを迅速に特定可能です。

キャパシティ管理

信用調査トランザクションで、設定された基準値に比べて2段階ほどパフォーマンスが低下している場合に、リソース拡充のために別のプライベートクラウドのインスタンスを自動で追加することができます。

対策

停滞しているスレッド数が特定の閾値を超えた場合、アプリケーションサーバーのインスタンスを自動的に再起動します。

平均レスポンス時間が、他に比べて基準値が3段階ほど超えた場合、ロードバランサのプールを引き上げます。

診断

クレーム処理のトランザクション数が基準指標を超えた場合、スレッドダンプを作成するような設定も可能です。

運用インテリジェンス

来年度、保険のeコマースでデジタルチャンネルを新規追加し、対応するクレーム数が25%増えることが予想される場合、その増加分に対応するためのハードウェアやソフトウェアを予測します。

ビジネスインテリジェンス

過去1時間、1分あたりにティア1のお客様から何件のクレームを処理をしたのか、また、その時間帯に、そのレスポンス時間は収益にどのような影響を及ぼしましたのかを確認できます。

エンドユーザーインテリジェンス

過去12時間に何人のお客様が比較サイトから流入し、購入に至ったのかを過去の同じ時間帯と比較することができます。

アプリケーションパフォーマンス管理まるわかりガイド

アプリケーションパフォーマンス管理まるわかりガイド

アプリケーションパフォーマンス管理って何ができるの?AppDynamicsって何が良いの?そのような疑問に答えるためにマンガ形式でわかりやすく解説したEブックをご用意させていただきました。

ダウンロード

AppDynamicsアセスメントサービス

AppDynamicsを用いた無償アセスメントサービスでお客様のパフォーマンス課題を弊社専任エンジニアが明確化するお手伝いを行います。
ぜひお気軽にお声がけください。

無償アセスメントサービスの詳細