政府官公庁

一覧に戻る

住民サービスの向上と省庁や公共機関との連携を最高のパフォーマンスで実現

データセンターの移行や統合が必要不可欠な巨大プロジェクトでは、クラウドへの移行が主流になりつつあります。こうしたプライベートクラウドは、パブリッククラウドとの競争に対応するため、迅速に対応が必要不可欠です。

住民への広報や声を聞くことや省庁間のコミュニケーションの増大は、政府官公庁における本質的な戦略です。クラウド技術を利用し、取り入れることで、さらなる可視性が要求されるさまざまなアプリケーションを監視することができます。柔軟な展開モデルとともにアプリケーションやインフラの可視性に長けているAppDynamicsは、あらゆるクラウド要件に対応し政府官公庁の戦略をサポートします。

ほとんどの政府機関や官公庁は使いやすいクラウドを必要としています。こうした需要は様々な形をとっており、主にAWS GovCloud、Azure、そして、プライベートクラウドである RedHat や OpenShiftといったシステムがよく利用されています。人々は政府官公庁とのやりとりをするのにデジタルな手段を取るようになっています。それゆえに、モバイルデバイスを通じた内部や外部のアプリケーションの利用もますます増えています。AppDynamics はこうした業務用アプリケーション、また各機関向けに特化したアプリケーションの管理をお手伝いします

状態監視

システムの稼働状況を確認するために必要不可欠なビジネスインテリジェンスが政府官公庁の業務をサポートします。

トラブルシューティング

SharePointのサイトを追加するというトランザクションのうち1%は、非常に遅いとカテゴリ分けされました。このような場合にトランザクションの記録を確認することができます。

稼働

Webサービス層を支えるクラスタでリソースを浪費の激しいボトルネックを瞬時に見つけることができます。

キャパシティ管理

リポート作成というトランザクションを実行した際に基準値を2段階上回るパフォーマンス劣化が生じている場合に、このWebサービスのためにもう一つインスタンスを追加します。

修正

アプリケーションサーバーのインスタンスは、失敗したスレッドの数が特定の閾値を超えた時点で自動的に再起動する設定も可能です。

応答またはトリアージ

Azureのトランザクションの応答時間が、ここ30日で作成した基準値から3回以上逸脱する場合は、ServiceNowのチケットと合わせてPagerDutyのインシデントを作成し、担当者に通知します。

運用インテリジェンス

次年度にはユーザーおよびコンテンツが20%増加することが予測されています。もし、Azure上に稼働するインスタンスに対してSharePointサイトを追加する場合には、このサーバーインスタンスをあといくつ追加すれば良いのかを理解できるようになります。また、Azureにかけている費用がどのようになるのかも理解できます。

ビジネスインテリジェンス

直近1時間で経営層に送信されたレポートの数などを瞬時に確認することができます。

エンドユーザーインテリジェンス

ここ4時間でノースカロライナのオフィスからシェアポイントにアクセスしたユーザーは何人いたのかを把握することができます。そして、先週の同じ時間帯に比べ増減の状態を把握できます。

アプリケーションパフォーマンス管理まるわかりガイド

アプリケーションパフォーマンス管理まるわかりガイド

アプリケーションパフォーマンス管理って何ができるの?AppDynamicsって何が良いの?そのような疑問に答えるためにマンガ形式でわかりやすく解説したEブックをご用意させていただきました。

ダウンロード

AppDynamicsアセスメントサービス

AppDynamicsを用いた無償アセスメントサービスでお客様のパフォーマンス課題を弊社専任エンジニアが明確化するお手伝いを行います。
ぜひお気軽にお声がけください。

無償アセスメントサービスの詳細